ディスクブレーキとドラムブレーキの選び方

走りだした自動車の動きを止めるために大切な役割を果たしているのが、ブレーキと呼ばれる仕組みです。
ブレーキは一般にタイヤの内側に配置されているのでその動きを見ることはできませんが、構造の違いから大きく分けて二種類あります。
それぞれ特徴が異なり、車の特性に合わせて採用されています。
}PgžxQ
最も普及しているタイプのブレーキが、ドラムブレーキです。
これはホイールの内側にシューと呼ばれるものが取り付けられており、ブレーキを踏むとこのシューが摩擦を加えることで車を停止させます。
仕組みがシンプルなためコスト的に有利で、多くの自動車に装着されています。
一方で制動時に発生する熱を放出する性能に関しては低いため、熱がこもりすぎることで制動力が弱まる可能性もあるというデメリットも抱えています。

もう一つのブレーキの種類が、ディスクブレーキと呼ばれるものです。
このタイプでは制動力を発生させるために、円盤状のディスクと呼ばれる部品とそれを挟み込むブレーキパッドを使用します。
ブレーキを踏み込むとブレーキパッドがディスクを挟み込みます。
そこで摩擦力が発生して、車が停止します。
構造的に部品数が多く複雑であるため、このタイプは高コストになります。
しかしながら高い制動力を発生させることができるので、スポーツカーのようにブレーキ性能を高めたい車に多く採用されています。

コメントは受け付けていません。