ランフラットタイヤとはどのようなものを指すのか?

一般的な今までのタイヤはパンクした場合は中の空気が抜け、タイヤがつぶれてしまいハンドリングが悪化しドライバーが車を上手くコントロールする事が出来なくなり事故に至る可能性があります。しかしランフラットタイヤであればパンクをして空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定の距離を走行可能です。高速走行中でも急にハンドルを取られることもなく、タイヤ交換ができる場所まで走行する事が出来るという優れたタイヤです。通常のタイヤではつぶれてしまうサイドウォールの部分を強化する事で車重量を支える仕組みになっています。このタイヤを標準で装着している車はスペアタイヤを搭載していません、よってトランクスペースを広くとれたりデザインも自由に使う事ができます、スペアタイヤが無い分軽くなって省燃費になり環境にも配慮できます。通常のタイヤと比較するとまだまだグリップ性能や乗り心地など優れているとは言えません。また通常のタイヤより価格は高めですし、タイヤ交換をする際に今までの通常のタイヤチェンジャーでは交換が出来ないため、パンクした場合やローテーションをする時には交換できる店舗が限定されてしまうために注意が必要になります。

コメントは受け付けていません。